E-main_edited.jpg

飾り額装手拭い

手拭い(てぬぐい)の歴史は古く、織物が出来た時代にはあったとも言われています。最初は、麻や絹で作られた平織物でした。平安時代からは当時制定された法律により、庶民は麻の手拭いを、高貴な方は絹の手拭いを使ったと言われています。
手拭いの使い方も普及するにつれて変わりました。古くは、手拭いが神仏の像や飾り付けなどの清掃に使われるのが一般的でした。
江戸時代になると、綿の栽培が盛んになり、手拭いも沢山作れるようになりました。また、銭湯文化が根付いたことや、贅沢を禁止する法律が制定されたこともあって、絹よりも木綿(もめん)の着物と手拭いが庶民に好まれるようになり、広く普及していきました。こうして手拭いは、徐々に現代のお手拭き(おてふき)としての使い方になっていきました。